展示会装飾におけるライティング

商品を展示会場に設置して展示する場合に、ライティングによる装飾はとても大切です。通常、ライティングを用いることで平板になりがちな明るさにメリハリをあたえることができます。ブースの各所の明るさにメリハリをつけることは、展示装飾における演出のひとつになります。



もっとも注目してほしい商品やポイントとなるところに向けて、ライティングを集中するような演出がよく行われます。


それによって伝えたい商品をよりはっきりと展示会の来場者に向けてアピールできます。

これは歌手や演技をする人に向けられたステージ上でのスポットライトの効果と同様といえます。

したがってそのライティングにはもっとも注意を払います。

朝日新聞デジタルの新しい情報です。

したがって打ち合わせ時にどのようにライティングを行うかをよく話し合い、業者にその演出の意図も明確に伝えます。
そしてブースが完成した時点でひととおり本番のとおりにライティングしてみて、満足がいくものに仕上がっているかどうか他の装飾部分も含めて入念にチェックします。

この時点でメリハリが感じられない場合には、さらにスポッティングするライトの位置や明るさを調光するなり、角度を変えてみるなりいくつか試してみます。



もっとも効果的と思える光の当て方は必ずあるものです。
それを見つけ出せた場合にはもっとも展示会場で商品が引き立ちます。
またアピールしたいところや企業名、ロゴなどに向けてスポットライトを照射することもできます。

ただし、会場の設営の関係でライトの電力が制限されている場合もあります。
他のブースと機会均等の扱いでそのようになっている会場もあります。
その中で十分にライティングの工夫により、商品を魅力的に見せるように演出します。